[受付]9:00-18:00[定休日]日曜日
大阪府東大阪市 屋根リフォーム

屋根を強化・保護したカバー工法

Overview

工事の概要

住所 大阪府東大阪市下小阪
施工箇所 屋根/ハト小屋/屋根裏/雨漏り
工期 1週間
使用商材・建材 屋根:アイジー工業 スーパーガルテクト
プラン 屋根カバー工法:ゴールドプラン
その他工事 防虫消毒作業
VOICE

お客様からのご要望

台風で屋根が破損してしまったので、修繕し強化したいです。
VOICE

ご提案内容

台風の影響で、ハト小屋と板金が破損したので修繕したいとのご要望をいただきました。
調査の結果、屋根材に複数の亀裂が確認できました。板金下部の貫板も腐敗が進み、強度が低下していたため、屋根全体の強化をご提案させていただきました。
BEFORE

施工前の様子

外観 施工前
施工前のお写真です。

施工前の様子

外観 施工前
施工前のお写真です。

屋根 破損
強風で板金が飛んだ拍子に、破損した状態です。

施工前の様子

屋根 破損
強風で板金が飛んだ拍子に、破損した状態です。

ハト小屋 破損
上部が破損したことでハト小屋に水が溜まり、雨漏りが発生している状態です。

施工前の様子

ハト小屋 破損
上部が破損したことでハト小屋に水が溜まり、雨漏りが発生している状態です。

屋根 ヒビ割れ
強度も著しく低下しており、クラック(ヒビ割れ)が発生している状態です。

施工前の様子

屋根 ヒビ割れ
強度も著しく低下しており、クラック(ヒビ割れ)が発生している状態です。

断熱材 劣化
大量の雨漏りによって水を吸い込み、黒く変色している状態です。

施工前の様子

断熱材 劣化
大量の雨漏りによって水を吸い込み、黒く変色している状態です。

UNDER CONSTRUCTION

施工中の様子

屋根 ハト小屋撤去
破損したハト小屋を撤去しました。

屋根 ハト小屋撤去
破損したハト小屋を撤去しました。

施工中の様子

屋根 ハト小屋撤去
破損したハト小屋を撤去しました。

屋根 ハト小屋撤去
破損したハト小屋を撤去しました。

屋根 断熱材交換
水を吸い込んだ断熱材を撤去し、新しい断熱材に交換します。

屋根 断熱材交換
水を吸い込んだ断熱材を撤去し、新しい断熱材に交換します。

施工中の様子

屋根 断熱材交換
水を吸い込んだ断熱材を撤去し、新しい断熱材に交換します。

屋根 断熱材交換
水を吸い込んだ断熱材を撤去し、新しい断熱材に交換します。

屋根 ルーフィング
既存の屋根材に水が触れないよう、ルーフィング(防水シート)を上から貼っていきます。

屋根 ルーフィング
既存の屋根材に水が触れないよう、ルーフィング(防水シート)を上から貼っていきます。

施工中の様子

屋根 ルーフィング
既存の屋根材に水が触れないよう、ルーフィング(防水シート)を上から貼っていきます。

屋根 ルーフィング
既存の屋根材に水が触れないよう、ルーフィング(防水シート)を上から貼っていきます。

貫板 交換
棟板金の下地になる貫板は木材を使用せず、樹脂製のものを使用しました。木の弱点である歪みなどを解消し強度が上がります。

貫板 交換
棟板金の下地になる貫板は木材を使用せず、樹脂製のものを使用しました。木の弱点である歪みなどを解消し強度が上がります。

施工中の様子

貫板 交換
棟板金の下地になる貫板は木材を使用せず、樹脂製のものを使用しました。木の弱点である歪みなどを解消し強度が上がります。

貫板 交換
棟板金の下地になる貫板は木材を使用せず、樹脂製のものを使用しました。木の弱点である歪みなどを解消し強度が上がります。

AFTER

施工後の様子

屋根 カバー工法後
カバー工法が完了しました。ハト小屋を撤去し、すっきりしました。

屋根 カバー工法後
カバー工法が完了しました。ハト小屋を撤去し、すっきりしました。

施工後の様子

屋根 カバー工法後
カバー工法が完了しました。ハト小屋を撤去し、すっきりしました。

屋根 カバー工法後
カバー工法が完了しました。ハト小屋を撤去し、すっきりしました。

屋根 カバー工法後
断熱材を交換したことで、外気温の影響を受けにくくなるため、室内を一定温度に保てます。

屋根 カバー工法後
断熱材を交換したことで、外気温の影響を受けにくくなるため、室内を一定温度に保てます。

施工後の様子

屋根 カバー工法後
断熱材を交換したことで、外気温の影響を受けにくくなるため、室内を一定温度に保てます。

屋根 カバー工法後
断熱材を交換したことで、外気温の影響を受けにくくなるため、室内を一定温度に保てます。

屋根 カバー工法後
貫板は、樹脂製のものを使用したので、強度が上がりました。

屋根 カバー工法後
貫板は、樹脂製のものを使用したので、強度が上がりました。

施工後の様子

屋根 カバー工法後
貫板は、樹脂製のものを使用したので、強度が上がりました。

屋根 カバー工法後
貫板は、樹脂製のものを使用したので、強度が上がりました。